ここから本文です

演題募集


演題登録期間

演題募集を締切ました。多数の応募をいただき、ありがとうございました。

まず初めに参加登録を行ってから、演題登録にお進みください。

※締め切り間際はアクセスが集中し、回線がつながりにくくなる恐れがありますので、お早目に登録をお願いいたします。
※一般演題(ポスター)の中から優秀演題を選出し、学会として優秀演題賞の授与を予定いたしております。

発表資格

◆一般演題の第一発表者は日本生理学会の会員であることが必要です。ただしシンポジウムの発表者、海外機関からの参加者、一般演題の共同発表者についてはこの限りではありません。非会員で一般演題での発表を希望される方は、日本生理学会への入会をお願いいたします。

【日本生理学会へのご入会について】 【日本生理学会事務局】
入会金:不要
年会費:10,000円(学生は3,000円)
推薦:会員の推薦が必要
※入会に関する詳細は右記学会事務局へ。
〒160-0016
東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館
財団法人 国際医学情報センター(IMIC)内
TEL:03-5361-7277 FAX: 03-5361-7091
E-mail: psj@imic.or.jp
URL: http://physiology.jp/

◆シンポジウムの発表者は、一般演題の筆頭演者を1演題のみ兼任可能です。

発表形式

◆演題の採否はプログラム委員会で審査し、採択後の発表形式については大会長に一任させていただきます。

◆発表日時については、別途お知らせいたします。

◆一般演題は「口演発表」と「ポスター発表」の何れかを選択できます。ただし「口演発表」を選択できるのは若手(概ね39歳以下)の方に限定させていただきます。

◆口演は英語でおこなわれます。一般演題(ポスター)に応募された方が、公募枠のあるシンポジウムでの発表を希望された場合、シンポジウムでの口演となる可能性があります。

◆ポスター作成にあたり、「表題・氏名・所属」は英文と和文を併記してください。それ以外の記述はすべて英文としてください。

◆口演はすべて液晶プロジェクターで行います(OHP、スライドプロジェクターは用意いたしません)。発表形式の詳細については、後日、大会ホームページおよび大会プログラムでご案内いたします。

◆ポスターは縦1800 mm×横900 mmの掲示枠を予定しております。詳細については、後日、大会ホームページ上および大会プログラムでご案内いたします。 演題登録について(必ずご一読ください)

一般演題(口演、ポスター発表)の応募者と、生理学会企画及び公募シンポジウムの発表者は、下記のUMINシステムから演題の登録と英文抄録の提出を行ってください。

※ 演題登録期間は、2013年10月2日(水)~10月30日(水)までです。
※ 必ず事前に参加登録を済ませてから演題登録にお進みください。
※ 抄録本文を英文で記載することが困難な場合は、演題登録画面に進まず、MENUの「問 い合わせ」フォームから大会事務局へご連絡ください。

【UMINシステムの注意点】
  1. 推奨ブラウザとバージョン
    • UMINオンライン演題登録システムでは、Internet Explorer、Netscape、Safari、Fire Fox以外のブラウザでは演題登録できません。
    • 上記以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
    • Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
  2. 演題登録には日本生理学会の会員番号が必要です。
    • 会員番号は、日本生理学雑誌郵送ラベル右下の番号です。
    • 入会手続き中の方は999999を入力してください。
    • 非会員のシンポジウム発表者の方は000000を入力してください。
  3. 発表者名、共同発表者名、所属は、和文ならびに英文で記入してください。
  4. 登録画面のリストから、発表形式を選択してください。
    • シンポジウムの指定発表者は「シンポジウム」を選択して「シンポジウムのテーマ(指定発表者用)」から該当するテーマを選択してください。
    • 指定発表者以外でシンポジウムでの採択を希望する場合は「一般演題(口演)」または「一般演題(ポスター)」を選択して、「シンポジウムのテーマ(公募発表者用)」から希望するテーマを選択してください。シンポジウムの概要はコンテンツMENUの「シンポジウム」に掲載しています。
  5. 一般演題の応募者の方は発表形式(口演、ポスター)を選択してください。ただし「口演発表」を選択できるのは若手(概ね39歳以下)の方に限定させていただきます。また、リストから演題分類項目を選択してください。
  6. 一般演題の方が、シンポジウム演題としての発表を希望するかを答える選択肢があります。
    • シンポジウム演題としての発表を希望する場合は、発表を希望するシンポジウムをリストから選択してください。リストにないシンポジウムには公募枠はありません。また希望されてもオーガナイザーの判断により採択されないこともあります。
    • シンポジウム演題としての発表を希望する場合は、その研究に関してすでに発表した代表的な英文論文(著者名、タイトル、雑誌名、巻、ページ、発表年)を記入してい ただきます。
  7. 演題名は、和文ならびに英文で記入してください。
  8. 抄録本文(Abstract)は、全て英文で記入してください。
    • 抄録の総文字数は、英文の著者名・所属・演題名・抄録本文(Author(s),Institution,Title,Text)すべて含めて半角英数文字1800字(スペースを含む)に制限されます。この字数を超えると登録ができません。
    • 抄録本文は、まず最初にご自身のワードプロセッサーで作成し、コピー機能を使って抄録本文用枠内にペーストすることをお奨めします。
    • 改行、ギリシャ文字、上付き・下付き文字などの入力は、HTMLタグを使って入力していただきます。具体的な入力方法はこちらをお読みください。
  9. キーワードは英語でご記入ください(3つ以上、5つ以内)。
  10. 研究倫理に関する設問3つにお答え下さい。いずれも必須項目です。
    回答の内容に関し、後日、プログラム委員会から問い合わせる場合もありますのでご承知おきください。
  11. 演題登録番号およびパスワード
    • 演題を登録する際に、登録番号が自動的に割り当てられます。同時に登録者本人に任意のパスワードを決めていただきます。登録番号およびパスワードは登録演題内容の変更、受領確認、採否確認にも必要です。パスワードの再発行はできませんので、必ず記録しておいてください。
    • 正常に登録が完了すると登録番号が自動発行されます。登録番号の発行をもって演題応募の受領通知といたします。登録番号が画面上に表示されない場合は、演題応募はまだ受け付けられていませんのでご注意ください。
    • オンライン演題登録をした後は、確実に登録されているか、確認・修正画面にて、ご自身で登録番号とパスワードを用いて必ずご確認ください。
  12. 登録演題内容の変更・修正
    • 抄録登録期間中は何回でも登録演題内容の変更・修正ができます。
    • その都度、指定したメールアドレスに変更の通知が送られます。
    • 抄録登録期間終了時の入力内容がプログラムおよび抄録集に用いられます。
  13. 暗号通信使用のお願い
    オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用をお願いします。 この暗号通信の使用により、第三者があなたのパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改竄したりすることを防ぐことができます。したがって、当学会では原則として暗号通信の使用を推奨します。暗号通信は特に準備はいりません。UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)のサーバコンピュータに管理が移ります。 暗号通信は登録または修正作業が終わるまで継続されます。 ただし、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)もありますので、その際はMENUの「お問い合わせ」フォームから大会事務局へご連絡ください。
UMINオンライン演題登録システム FAQ http://www.umin.ac.jp/endai/userfaq.htmに、よくある質問と回答を掲載していますのでご参照ください。


演題登録(新規登録・確認・修正・削除)
***暗号通信***

※初めて演題登録する際は、新規演題登録ボタンをクリックしてお進みください。
※登録した演題を確認、修正、削除するには、確認・修正・削除ボタンからお進みください。

※演題登録の前に発表者の参加登録が必要です。
(参加登録がまだの場合はMENUの「参加登録」へ)
※ご登録頂いた個人情報は、「第91回日本生理学会大会」の運営準備の目的以外では使用致しません。また、ご登録頂いた個人情報は、必要なセキュリティを講じ、厳重に管理いたします。

暗号通信(推奨)

 

平文通信

 
【演題登録事務局】

第91回日本生理学会大会事務代行
株式会社サンプラネット MCV事業本部(担当:大野、齋藤)
〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル7階
TEL:03-5940-2614 FAX:03-3942-6596
E-mail:k-ohno-sun@hhc.eisai.co.jp

ページトップへ