ここから本文です

優秀ポスター賞 受賞者一覧


3月16日(日)発表分

1P-015 電位依存性プロトンチャネルへの不飽和脂肪酸による活性増強効果の定量的解析
川鍋 陽 (大阪大学大学院・医学系研究科)
1P-016 電位依存性プロトンチャネル欠損マウスはメタボリックシンドロームの表現型を呈する
河合 喬文 (大阪大・院医・統合生理)
1P-022 S4-S5 linkerとC-linker間の相互作用はhERGチャネルの遅い脱活性化を制御する
粂 慎一郎 (生理学研究所・神経機能素子研究部門)
1P-027 Kv4イオンチャネル複合体のストイキオメトリーと機能はKChIPの発現量依存的に変化する
北沢 和寛 (生理学研究所・神経機能素子研究部門)
1P-029 カリウムイオンチャネルKcsAのゲート開閉と連動した膜中集合・離散挙動
:原子間力顕微鏡による直接観察
角野 歩 (JST/PRESTO)
1P-034 発現系を用いたCi-CatSperチャネルの機能解析
有馬 大貴 (大阪大学大学院・医学系研究科)

3月17日(月)発表分

2P-052 シナプス小胞放出効率の活動電位発火後の経時的 Ca2制御
森 倫範 (東京医科大学・細胞生理学講座)
2P-056 シナプトタグミンがスネア介在性膜融合および複合体形成に及ぼす影響
黒木健太郎 (岡山大学大学院・医歯薬学総合研究科・医歯科学専攻)
2P-144 Cdkal1 欠損マウスにおける抗糖尿病治療薬効果の検討
渡部佐耶加 (熊本大学大学院・生命科学研究部・分子生理学分野)
2P-162 細胞内クロライドイオンがリソソームpHを制御しオートファジーを制御する。
細木 誠之 (京都府立医科大学大学院・医・細胞生理学)
2P-163 Orexin contributes to feeding and drinking behaviour induced by methamphetamine
Ikoma Yoko (Kagoshima Univeresity)
2P-206 上皮細胞膜コンダクタンス計測を基盤としたCl-分泌数理モデル構築による
電気的中性イオン輸送体活性の電気生理学的測定の試み
笹本 浩平 京都府立医科大学・医学部・医学科・学部学生(第4学年)

3月18日(火)発表分

3P-006 AMPA受容体シナプス移行を介した運動学習のメカニズム
木田 裕之 (山口大学・医学部・システム神経科学)
3P-010 侵害性体性感覚刺激により誘発される循環反応を抑制する皮膚低閾値機械受容器の同定
渡辺 信博 (東京都健康長寿医療センター研究所・自律神経機能研究室)
3P-011 コリンエステラーゼ阻害剤は自由行動下ラットのコントラスト感度を改善する
相馬 祥吾 (大阪大院・医・認知行動科学)
3P-156 心臓型アデニル酸シクラーゼの選択的阻害剤はCalsequestrin
2ノックアウトマウスに誘発した心室性不整脈を抑制する
吹田 憲治 (横浜市立大学大学院・医学研究科・循環制御医学)
3P-175 血管平滑筋収縮のCa2感受性亢進における細胞膜上マイクロドメインの重要性
加治屋勝子 (山口大学大学院医学系研究科・生体機能分子制御)
3P-196 新生ラット摘出脳幹-脊髄標本の呼吸リズム形成におけるriluzoleの影響
Lin Shih-Tien (昭和大学・医学部・生体調節機能学)
3P-200 新規透徹剤を用いた高解像度共焦点顕微鏡法による海馬単一神経細胞に沿った
樹状突起スパイン形態の可視化
長内 尚之 (北海道大学大学院・情報科学研究科)
ページトップへ